図面をPDFに変換しよう

  • メールでのやり取りや印刷、データ管理などで、アプリケーションに左右されないPDF形式のファイルを利用するケースが増えてきました。
  • ここではJw-cadで作成した図面をPDF形式に出力する方法と、DF形式で保管されている既存図面を利用して、Jw-cadであらたな図面を作成する一例を解説します。

PDFとは

  • PDFは、「AdobeReader」という閲覧ソフトで開いて印刷などができるファイル形式です。
  • 最近の市販のパソコンのほとんどには、「AdobeReader」(無償)がインストールされており、とくに意識することなくPDFファイルを開いて確認、印刷できます。このため、Jwcadユーザーが図面を送る場合に、PDFを使うと便利です。
  • PDFファイルは図面を開いて印刷できますが、図面の編集はできません。またPDFファイルを開くときにパスワードを必要にしたり、開くだけで印刷できないといった設定もできます。

PDFに変換する「PDFCreator」

  • データをPDF形式に変換するには変換のためのアプリケーションが必要で、AdobeAcrobat(市販ソフト)をはじめ数多くあります。本章ではフリーソフトの「PDFCreator」を使って変換する方法を説明します。
  • 「PDFCreator」はインストールするとプリンタのひとつとして登録されます。データをPDF形式に変換する場合は、印刷の手順で行います。このためJwcad以外のソフトでも印刷の手順でPDFに変換できます。また、「PDFCreator」はP、F形式のファイルを作成するだけではなく、複数の形式の画像ファイルも作成できるソフトです。この機能を利用すれば、直接Jw-cadに貼り付けられないさまざまなソフトのデータを、「PDFCreator」で画像ファイルに変換してJwcadに貼り付けるといったこともできます。
  • 「PDFCreator」では、印刷や編集の制限や、パスワード設定などのセキュリティ設定にも対応し、複数の図面などのファイルを1つのファイルにまとめることもできます。
  • 「PDFCreator」は英語のアプリケーションですが多言語に対応しており、日本語の設定もあります。しかし文字化けをおこす不具合がv12.0現在でも解消されていません。このため本章の説明では英語のまま使用しますが、通常の操作ではそれほど支障ないでしょう。
  • 「PDFCreator」は多国囲対応で、日本圏ファイルも公閲されていますが、プログラム側に問四があるようで文字化けを起こします

「PDFCreator」を導入する

  • 「PDFCreator」はフリーソフトです。インターネットを使ってWebサイトからかんたんにダウンロードできます。
  • 「PDFCreator」をダウンロードします。
  • lnternetExplorerなどのWebブラウザを起動する。
  • URLを入力して、PDFCreatorのサイトにアクセスする。
  • 「DownloadPDFCreatorl20」を左クリックする。
  • ダウンロードサイトのページに移動しダウンロードが開始されます。セキュリティによっては、情報バーに「セキュリティのため…ブロック…」というメッセージが表示されます。この場合はメッセージ部分を左クリックし(⑧)、メニューの[ファイルのダウンロード]を左クリックします。
  • 保存か実行かを聞いてくる「ファイルのダウンロード」ダイアログが表示されたら、「保存」を左クリックする。
  • 「名前を付けて保存」ダイアログでは、保存先を指定して保存する。

保存先はどこでもよいですが、わかりやすい場所にします。

「PDFCreator」をインストールする

  • ダウンロードした「PDFCreator-1-2-O-setupexe」を使ってPDFCreator」をインストールします。
  • ダウンロードした「PDFCreator-12O-setupexe」を左ダブルクリックで実行する。
    Windowsのセキュリティ設定によっては、警告のダイアログが表示されます。実行を左クリックしください。ログインユーザーが標準ユーザーの場は、管理者樋限を持つユーザーにご確認ください。
  • 言語の選択画面が表示されるので、「English」を確認し、「OK」を左クリックする。
  • セットアップウィザード画面
    (WelcometothePDFCreatorSetupWiZard)が表示される。「NEXT」を左クリックする
  • 使用許諾契約画面(LicenseAgreement)が表示される。
    [|accepttheagreemendを左クリックして選択する。
  • 「NEXT」を左クリックする。
  • インストールタイプ(Typeoflnstallation)画面が表示される。とくに必要がない限り「Standardinstallation」を左クリックして選択する。
  • 「NEXT」を左クリックする。
  • プリンタ名の設定(Printername)画面が表示される。とくに必要がない限りそのまま「NEXT」を左クリックする
  • インストール先(SelectDestinationLocation)画面が表示される。とくに必要がない限りそのまま「NEXT」を左クリックする。
  • オプションツールバー(pdfforgeToolbar)画面が表示される。
  • インターネットエクスプローラなどの機能追加で、必要に応じてチェックを入れる。わからなければチェックをはずしておく。
  • 「NEXT」を左クリックする。
  • インストール内容の選択(SelectComponents)画面が表示される。初期設定の「Custominstallation」のまま、「NEXT」を左クリックする。
  • スタートメニューに登録(SelectStartMenuFolder)画面が表示される。とくに必要がない限りそのまま、「NEXT」を左クリックする。
  • 追加機能の選択(SelectAdditionalTasks)画面が表示される。適宜選択する。すべてチェックをはずしてもかまわない(デスクトップにアイコンが無くても操作には支障ない)。
  • 「NEXT」を左クリックする。
  • Windowsの「プリンタとFAX」(Windows7では「デバイスとプリンター」)に「PDFCreator」が登録されていることを確認してください。