Jw_cadからSketchUpへ連携して立体化します

トイレ給排水管・衛生機器一気変換動画


屋外排水管の一気変換動画


天井内給気ダクト・換気SP・排煙ダクト一気変換動画


SketchUpやRubyで使用するPluginsフォルダについての情報

個々のプラグインは「Pluginsフォルダ」の中に全て入れておく.
配布した「xxxxxx.rb」のついた個々の教材プラグインは,自宅のパソコンのSketchUpの「Pluginsフォルダ」の中に全てインストールする.
Ruby言語で自作した「xxxxxx.rb」のプラグインは自宅のパソコンのSketchUpの
以下に述べる,「Pluginsフォルダ」の中に全てインストールする.
教室のパソコンではこの作業は拒否・拒絶されるので体験したければ,自宅で行う.お願いだから体験してほしい.
SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所は年代により変化する.
SketchUpの経営母体が変わるたびにこの場所が動くので今後も注意する.
SketchUp 6-7-8,SketchUpMake 2013,
・SketchUpMake2014以降,SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所がそれぞれ異なる.
SketchUpMake2014以降では, パソコンのシステムで,隠しファイル・フォルダを見えるように設定しないと場所が探せない.
・Windows8: メニューの「表示」をクリック -> メニューから「隠しファイル」にチェック.
・Windows7: ツール -> フォルダーオプションメニューの「表示」をクリック-> 「表示」タブの「ファイルとフォルダーの表示」->「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、「適用」を押す

SketchUpの「Pluginsフォルダ」の場所

2014年のTrimble社SketchUp Make2014以降--2017も ,Pluginsフォルダがこれまでと異なり,次の場所に移動した.

  • SU2015,2016
    • C:\Program Files\SketchUp\SketchUp 2015\Tools
  • SU2017
    • C:/ユーザー/ユーザー名/AppData/Roaming/SketchUp/SketchUp2017/SketchUp/Plugins

      画像の説明
      確認画面

      画像の説明

      導入
      配布ファイルには以下のものが含まれます
      ※太字は必須その他は無くても動く
      Jwwのインストールフォルダに置くファイルとフォルダ
       -RSJww.BAT
       +Texture
        -asphalt.png
        -concrete.png
        -floor_tile.png
        -floor_wood.png
        -glass.png
        -grass.png
        -tile.png
      SketchUpのプラグイン導入フォルダに置くファイルとフォルダ
       -RSJww.rb
       +rsico
        -RSjww.png
      RSJww_hiraya.jww
      RSJww_kakukan.jww
      RSJww_Sample_01.jww
      RSJww_Sample_lv.jww
      RSJww_nikaidate.jww
      RSJww.txt
      各フォルダを適宜配置する

※SketchUpはバージョン毎にプラグインを保管するフォルダが異なります

SketchUp 8
(32ビット) C:\Program Files\Google\Google SketchUp 8\Plugins
(64ビット) C:\Program Files (x86)\Google\Google SketchUp 8\Plugins
SketchUp 2013
(32ビット) C:\Program Files\Google\Google SketchUp 2013\Plugins
(64ビット) C:\Program Files (x86)\Google\Google SketchUp 2013\Plugins
SketchUp2014以降
C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\SketchUp\SketchUp 2014\SketchUp\Plugins
C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\SketchUp\SketchUp 2015\SketchUp\Plugins
C:\ユーザー\ユーザー名\AppData\Roaming\SketchUp\SketchUp 2016\SketchUp\Plugins
SUで「表示」→「ツールバー」→「RSjww」でボタンが表示される
あるいは「プラグイン」→「RSjww」からでも実行可
jwwの外部変形で「RSjww.bat」を起動する
「基点指定」と「左下基点」のいずれかを選択する
※左下基点を選択した場合、SU側で常に同じ場所に読み込まれる

https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_001.png
SU に持って行きたい要素を選択して確定する
選択確定時の基点がSUでの原点になる
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_002.png
実行完了
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_003.png
SketchUpを起動して、青地にJWと書かれたアイコンをクリックする
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_004.png
変換条件を設定
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_005.png
取り込んだファイル名、取り込んだファイルのタイムスタンプ、真北角度とエラーが生じた面の数が表示されれば完了
※下記画像が表示されない場合は途中でエラーが起きている
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_006.png

取込完了
https://hinoado.com/r/d/RSJww_20150103_007.png
その他
デフォルトでは「c:\jww」フォルダを前提にしている
jwwを上記以外のフォルダにインストールしている場合はRSjww.rbを直接編集する
楕円は非対応

ちなみに秋天越さんのサイトでは以前からインポートツールを公開されています。


Youtubeの参考動画



a:40569 t:3 y:7