画像の説明

画像の説明
「R求積」を使用すると,エクセルと連動させて Jw_cad 上で作成した矩形や円弧を含む任意のソリッド図形から求積図を作成することが可能だ。求積図の用途や階数は、ユーザーが設定した色とレイヤで用途と階を判断する。
このように便利なプログラムだが、面積計算には間違いがあると大きな問題になりかねない。実際に使用する際には R求積の出力結果をうのみにせず、慎重に精査してほしい。

画像の説明
01 面積を求めるためのソリッド図形を作成する。ここでは解凍後の「R求積」フォルダに同梱されている「R求積.jww」 を使用する。

画像の説明
02 「その他」メニューの[外部変形]から「R求積.bat」を起動し,面積を算定するソリッド図形を範囲選択する。その際、同じレイヤーグループに書かれたソリッド図形を選択対象にすること。選択時には線や文字などのソリッド図形以外の要素が含まれても構わない❶。
図形選択後、求積結果を作図する位置をクリックして指定する。❷

画像の説明
03 コントロールバーの[選択確定]ボタンをクリックするとExcelが起動し、面積の算定が実行される。処理が終了したら、指定した位置に求積表が作成される。R求積で得られた結果は 「R求積」フォルダに「R求積」として保存される。

画像の説明

画像の説明
04 「R求積図」の書式を変更する場合は「R求積_c.bat」ファイルを開く。このファイルで作図する求積図や求積表の線色や線種,レイヤなどを変更する。ここで設定した内容は画面左上のボタン(❶)に表示されたファイル名で保存される。このボタンをクリックすると保存するファイルを選択できる。R求積では設定内容を「ini」 と言う拡張子の付いたファイルで保存する。あらかじめ予め3種類の「ini」 ファイルが用意されているので、保存時にはこの3つのファイルのいずれかを選択して変更内容を上書きする。新たに設定ファイルを作成して設定を保存するには、R求積_c.batを実行する前にこれら3つのファイルのうち、いずれかの名前を変更した上でコピーしておく。
設定が完了したら、画面上にあるロゴマークがついたボタン(❷)をクリックする。
そのほか、求積図や求積表の線色/線種などを変更したり(❸、❹)、ソリッド図形の色を変更することもできる(❺)。

❶設定を保存するファイル名を表示。クリックすると[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示され,保存するファイルを選択できる。
❷設定完了後クリックすると、変更内容が Jw_cad に反映される。変更後の図形は強制的に画面中央に配置される。
❸求積図の線色、線種、レイヤなどを設定する。
❹求積表の線色、線種、レイヤなどを設定する。
❺右側の RGB スライドを動かして、ソリッド図形の色を設定する。




a:936 t:3 y:6