Winshot を 上手に使う

画像の説明


ボタンで上記マニュアルをダウンロードできます。




多機能なスクリーンキャプチャーツール

  • アクティブウインドウ、任意の矩形領域、デスクトップ全体、ウインドウ内の各種オブジェクトを、画像(BMP/JPEG/PNG/GIF)としてキャプチャーしたり、印刷したりすることができます
  • マウスカーソルキャプチャの ON /OFF、時間差キャプチャ、連続自動キャプチャ、キャプチャ画像のレタッチ、自動リサイズ、外部アプリケーションへの受け渡し... などの機能が付いています
  • 「WinShot」は、高機能なスクリーンキャプチャーソフトです。デスクトップ全体、アクティブウインドウ、マウスドラッグで囲んだ矩形領域、任意のコントロール領域※1 のスクリーンショットを撮ることができる という画面取り込みツールです。
  • ※1 ツールバー / ツリービュー / ステータスバー などの各種オブジェクト。使いやすい割りに多機能なところが最大の特徴で、時間差キャプチャ※2、連続キャプチャ※3、キャプチャ画像の加工処理※4... 等々、キャプチャするにあたって必要と思われる機能は、大体一通り備えています。
  • ※2 キャプチャの命令を出したあと、一定時間待ってからキャプチャを実行する機能。キャプチャまでの時間は、秒単位で指定することができる。
  • ※3 指定した秒数ごとに、あらかじめ指定しておいた領域をキャプチャし続ける機能。
  • ※4 キャプチャした画像には、切り取り / 減色 / ネガポジ反転 / 白黒入れ替え / 回転 / ミラー表示 /フリップ(反転)/ リサイズ / セピア化 / グレースケール化 等の加工処理を加えることができる。
    キャプチャした画像を、そのまま任意のアプリケーションに送ることも可能。
    操作は、タスクトレイ or ホットキー から行うことができ、画像は保存前にプレビューすることもできるようになっています。
    (外部アプリケーションでプレビューさせることも可能)
    さらに、画像内に任意の文字列を自動で埋め込んだり、画像を自動でリサイズすることもできたりします。
  • 基本的な使い方は以下の通り。
    • キャプチャした画像を、プレビューしてから保存「WinShot.exe」を実行します。
    • タスクトレイ上にアイコンが表示されます。
    • マウスカーソルをキャプチャしたくない場合は、タスクトレイアイコンを右クリック →「クイック設定」から「マウスカーソルキャプチャを有効にする」のチェックを外しておきます。
    • キャプチャしたい部分を前面に出しておき、タスクトレイ上の「WinShot」を右クリック※5。
    • ※5 時間差キャプチャを行いたい場合は、あらかじめ「環境設定」→ 「その他の設定」タブ を開き,中段の「時間差キャプチャ」にチェックを入れておく。
    • 「プレビュー表示」にマウスカーソルを合わせます。すると、下層メニューとして「アクティブウインドウ」 「デスクトップ」 「矩形範囲指定」 「コントロール / クライアント」という項目が表示されます※6。
    • この中から、今回キャプチャしたい領域を選択します。
    • ※6 この 4 つの領域には、 ホットキー を割り当てることもできる。
    • ホットキーを割り当てておくと、いちいちタスクトレイアイコンを右クリック →「プレブュー表示」から目的の領域を選択したりしなくてもよくなる。
    • (ホットキーを押すと、該当領域のキャプチャが即開始される)
    • 「矩形範囲指定」「コントロール / クライアント」を選択した場合、画面がキャプチャーモードに切り替わります。
    • ここで、キャプチャしたい部分をクリックしたりドラッグしたりします。
    • キャプチャする領域を「アクティブウインドウ」や「デスクトップ」にした場合、特に操作の必要はありません。
    • キャプチャされた部分が、プレビュー表示されます。
    • 必要であれば編集を行い※7、メニューバー上の「ファイル」から任意のフォーマットで保存したり、印刷したりすればOK。
    • ※7 「環境設定」画面の「外部アプリ」タブでアプリケーションを登録しておけば、画像をそのまま外部ツールに送れるようになる。
    • また、プレビュー機能そのものを、外部アプリに代替させることもできる。

自動連続キャプチャ

  • 「WinShot.exe」を実行します
  • タスクトレイ上にアイコンが表示されます
  • マウスカーソルをキャプチャしたくない場合は、タスクトレイアイコンを右クリック →「クイック設定」から「マウスカーソルキャプチャを有効にする」のチェックを外しておきます。
  • キャプチャしたい部分を前面に出しておき、タスクトレイ上の「WinShot」を右クリック※8。
  • ※8 画像をPNG / GIF で保存したい場合は、あらかじめ「環境設定」→ 「その他の設定」タブ を開き、「自動保存時の拡張子」欄にある「JPEG」というところで、.png .gif などど入力しておく。
  • 「定期実行キャプチャ」を選択します。
  • 「定期実行キャプチャ」という画面 が表示されます。
  • まず最初に、一番上の「保存先」欄で、画像の保存先とするフォルダを指定します。
  • 下の「間隔」欄で、何秒おきにキャプチャを実行するのか指定します。
  • 右の「終了キー」欄で、連続キャプチャを終了する際に使うホットキーを指定します。
  • 画面中段にある「対象」欄で、キャプチャする領域を指定します。
  • 任意の矩形領域をキャプチャしたい場合は、「前回の矩形範囲」を選択 → 隣の「設定」ボタンをクリック → 「前回の矩形範囲修正」というウインドウ が表示されるので、「矩形範囲指定」ボタンをクリックし、キャプチャしたい部分をマウスドラッグで囲みます。
  • 「保存形式」欄で画像の保存形式を選択します。( PNG やGIF で保存する場合は、JPEG」を選択)
  • 準備が整ったら、右上の「開始」ボタンをクリック。連続キャプチャが行われます。停止する時は、設定画面で指定しておいた終了キーを押します。
  • ちなみに、画像をJPEG で保存する場合は、プログレッシブJPEG で保存したり、画像の品質を指定したりすることができます。(「環境設定」画面の 「品質 / 減色」タブ で設定を行っておく)
  • そのほか、キャプチャ完了時に音を鳴らす機能や、キャプチャ時に画像を自動でリサイズする機能、キャプチャ画像に自動で文字列を埋め込む機能※9... なども付いています。
  • ※9 埋め込む文字列のフォント / 色 / 表示位置 を指定することができる。